京都、自転車ランデブー

自転車のある毎日の楽しみ方、京都から発信しています

BRUNOがつなぐ輪

わが家にBRUNOがやってきました。もう、待望の!域です

いいえ。というより、かれこれ約8年にもおよぶお付き合いのダイアテックプロダクツ。BRUNOが誕生した当時から、自転車の映画祭やメッセンジャーの催し、雑誌『PAPERSKY』やツール・ド・ニッポンなどなど、など、いろいろと関わってきたのに、そういえば私の愛車の一台にもなっていなかったのです。あぁこれってば、お世話になっているのに反省すべきこと  はい……

bruno bike, DTP, kyoto, rendez-vousですがまぁ、縁あってわが家に迎えたBRUNOで早速、レンゲソウに呼ばれてサイクリングへ
そしてその様子はBRUNOのウェブページで。ブログ、はじまっています

bruno, kyoto, cycling, rendez-vous

さらに、たくさんの感謝の気持ちはタスキにこめて、郷土菓子研究社の林さんにパス! 自転車で旅する彼へBROOKSのサドルやパニアバッグ、ライトや鍵など〈自転車旅に必要なギア〉をサポートくださることに!! もう得とか損とかそういうことではなく、良いご縁を必要な人へ渡していきたい、そんな感じでそそくさと活動をする自転車アクティビストなワタクシです。そして、当ランデブーや『PAPERSKY』ウェブで、旅の様子を追いかけることにもなりました

bruno, brooks saddle, DTP, kyodogashi kenkyusha,

雑誌『PAPERSKY』ウェブページでの連載、はじまりはじまりー

 

そんなわけで林さんの旅の様子を覗きつづけるように、BRUNOと向き合う日常、ぜひ皆さんも覗いてやってください

Page Top